忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/エピソード10&11

 10/21(火)にTHE NEXT GENERATION パトレイバー」の第六章であるエピソード10"暴走!赤いレイバー"とエピソード11"THE LONG GOODBYE"を観て来ました。



あらすじ
 旧ソ連の軍用レイバーが新潟を経由して密輸される情報を公安部から寄せられるも、動こうとしない後藤田(筧利夫)。しかし、特車二課が捕らえたテロリストがレイバーを奪おうと逃走したことから、明(真野恵里菜)と佑馬(福士誠治)は新潟へ向かう(『エピソード10:暴走!赤いレイバー』)。
 明のもとへ、高校の同窓会への招待状が届く。色恋とは無縁な日常から離れようと同窓会に出席した彼女は、かつて心惹(ひ)かれていた男と再会。ときめきを取り戻すが、男には思わぬ秘密が……(『エピソード11:THE LONG GOODBYE』)。 (Yahoo!映画より)

 ついにあと2章で終わり、第五章が公開日の1週遅れだったので、今回は公開日次の日に観て来ました。やっぱりいっぱい入ってました!!

 今回のエピソード10 暴走!赤いレイバーは予告ではレイバー同士の戦闘シーンが見どころとなっていますが、実質このエピソードの終盤のみです。まぁ軍用レイバーの攻撃に怯まず、一撃で決めるというのは私的には好みでしたが!
 なのでどちらかといえば、第三章に出てきたシドさんこと蜂野一郎の予想以上の戦闘能力!さすが元仮面ライダー(笑)
 しかしあれだけ連射したのにロシア人の死者0っぽいのはすごい……

 エピソード11 THE LONG GOODBYEは別に嫌いじゃないですよ!あんな青春過ごしたことありませんが(泣)
 御酒屋さんの同窓会でのエピソードとその後の明のことを考えながらの後悔を語るシーンは笑いました。
 明が会いたかった高遠が挫折して、犯罪に手を染め、それをカキ好き(あんなに食べたらあーなるさ)の刑事 吉田が同窓生と偽って近づき、捕まえるのは別にいいのですが、
 映画を撮りたかったという高遠が良い映画としたTHE LONG GOODBYEで、劇中のセリフ「To say Good bye is to die a little(さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ)」を出していましたが、明がこれを観ていたと表現するのにこれに対応するセリフあるのかと思っていたのに、何もなくてややがっかりしました。まぁこれは観ていない私が悪いんですが……

ハードボイルドものらしいので、見てみようかと思います。

 いよいよ次作で短編シリーズは最後のようです。そしてGWに公開される長編の前日譚でシリアスらしいんですが、果たしてどうなるのか気になります。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]