忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/エピソード8&9

 10/21(火)にTHE NEXT GENERATION パトレイバー」の第五章であるエピソード8"遠距離狙撃2000"とエピソード9"クロコダイル・ダンジョン"を観て来ました。



あらすじ
 来日中のロシア高官に対して暗殺者が仕向けられたという情報が入る。特別警護に任命されたカーシャ(太田莉菜)だったが、赤いゴルゴと呼ばれるその暗殺者はカーシャのかつての指導者であり、思いを寄せた男だった(『エピソード8 遠距離狙撃2000』)。
 埋立地の地下で捕獲された白ワニが時価20億の真珠を産む。探索に行った整備班が行方不明になり、特車二課が捜索に向かうが迷宮とお宝探しに無我夢中になり……(『エピソード9 クロコダイル・ダンジョン』)。(Yahoo!映画より)

 第四章に引き続き観て来ました。今まではさいたまと新宿で観ていたんですが、今回は池袋で観て来ました。そこでは特に前売り券について切り離して持って来てくださいと言われなかったので、どうすべきか……
 今回最も驚いたのが、まだ公開開始から、そんなに経っていないのに池袋の観客10人以下orz。他の劇場ではそんなことが無かったのでちょっと傷つきました。

 今回のエピソード8 遠距離射撃2000ですが、来日していたロシアの高官が車で移動中、車の屋根ごと狙撃されるというところから始まります。
 そして次の高官も狙撃犯に狙われているから、カーシャに護衛が依頼されるというストーリーですが、レイバーどこ行ったというぐらい、カーシャの過去等に焦点が当てられたストーリー。狙撃犯がロシアでスナイピングを習った教官セルゲイで"赤いゴルゴ"の異名を持つ凄腕!
 他の特車二課の面々はすることが無く、ゴルゴのコスプレをするしかないという状態(笑)
 カーシャはセルゲイに対抗するために先に狙撃ポイントを予測し、カウンタースナイピングを行う対策を取りますが、結局場所がはっきりせず、護衛当日にセルゲイにブラフを仕掛け、壮絶な撃ち合いになり、セルゲイの躊躇うなの教えを守り……そしてセルゲイを笑みを浮かべ……とかなりシリアスなストーリーでした。
私的にはスナイパーライフルの0点合わせをしたりと、本格的っぽい描写があったりと面白いんですが、最高だったのは端々に出て来る「CSIみたいに」、「あれはフィクションです。」と言うセリフ、第三章で"ホレイショ"の名前が出てきたので、ここでのCSIはマイアミのことのはず!


 ただCSIの名前を出して、スナイピングの話をするのであれば、シーズン1の8話 狙撃者 静かなる殺しのように実際出来る範囲に収めるべきだったのではと思いました。スナイパー同士が撃ち合えないだろうと……

 エピソード9 クロコダイル・ダンジョンにはアニメ版での"地下迷宮物件"という元ネタがあるそうですが、私は見ていないので残念ながらわかりませんでした。
 過去に初代特車二課が地下道捕まえた白ワニのフンに真珠が入っていて、それが20億円で売れるというニュースを見て、一攫千金を夢見る整備班の人間が封印された地下道に入り、行方不明になったので、特車二課の面々が救出に向かうというストーリーで、真珠を見つけた面々が欲望に任せ、仲間割れを起こしますが、実は真珠ではなく恐竜の卵で、それを割られ、恐竜が起こって地上まで追いかけ、最終的にはレイバーのリボルバーカノンで二課棟ごと破壊するという(笑) そして地下では残った卵から……と前のエピソードとは違い、実にコメディタッチな話でした。
 一瞬POVの映像で楽しませてくれそうだったんですが、すぐ終わったのが残念でした。

 正直この2エピソードはちょっと微妙だったので、次を楽しみにしたいです。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]