忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

グレース・オブ・モナコ 皇妃の切り札

 10/25(土)に「グレース・オブ・モナコ 皇妃の切り札」を観て来ました。



あらすじ
 女優を引退しモナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚した公妃グレース(ニコール・キッドマン)は、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールを激怒させ、武力衝突に発展する可能性もある危機に直面。彼女はスクリーン復帰か、家族そして国家のために全てをささげるかの選択に直面し……。(Yahoo!映画より)

 私的にはこういった映画を観るのが珍しいような気がしますが、謎の事故で若くして、この世を去ったハリウッド女優からモナコ皇妃となったグレース・ケリーの自伝的な映画ということで興味があったので観て来ました。
 ちなみにモナコとは独立国であり、カジノ運営のみで生計を立てている国。また周りが完全にフランスで正解で2番目に小さい国だそうです。
 

左が本人で、右が今作でのグレース・ケリーです。

 冒頭でこれは事実を基にしたフィクションですと出て来たので、何かあると思ったら、今作はモナコ皇室からグレース美化しすぎ(゚Д゚#) とクレームがあったそうで……

 まぁとりあえずヒッチコック作品で人気を博したグレース・ケリーは人気絶頂の時にモナコ大公レーニエ3世と結婚、当時の映像を用いてどんなものだったのか観せてくれます。
 何年か経った後にヒッチコックがグレースを訪ね、自身の新作「マーニー」に出演しないかと誘い、また皇妃生活に疲れていないかと心配してくれます。
 私的には「ヒッチコック」を最近鑑賞したので、どうもレクター博士で金髪好きのイメージがあったんですが、今作ではよき相談役って感じでした。また「マーニー」の主演俳優について「イギリスのスパイもので活躍した俳優」と紹介していましたが、007のショーン・コネリーのことか!!


 モナコ皇妃として映画出演はどうなのという状態でしたが、実際自身の考えとモナコ皇室としての考え、フランスとの軋轢に悩んでおり、この当時財政に問題のあったフランスから、モナコも金出せ!出さないとフランスからの物資をストップし、攻め込むぞと言われそうなところだったので、自分で責任取るならOKとレーニエからも許しを得たので、公開まで極秘ということで出演を受けますが、それがさっそくばれる!!
 そのことで顔を潰されたフランスからは、物資をストップされ、モナコ国内でも反感を持たれてしまい、夫婦間にも亀裂が走ってしまう。

 グレースは自身の秘書にばらした可能性のあるマッジを調査させ、またグレース同様モナコ出身ではない神父、義姉、歌手のマリア・カラスに相談しながら、出来ることを模索していく。
 モナコ公国のしきたり等を勉強し、国内でのイメージアップと境界線に居るフランスに対して、友好的な行動を行い、対外的にもアピールをしていきますが、レーニエのヨーロッパ各国に対する軍事支援を求める会は、フランス大統領の暗殺未遂という事件で潰されてしまいます。ただモナコの状況を悪くするよう画策していたのが義姉夫婦であることが判明します。
 このころ神父がモナコを出ていくことで心の支えを失い、両親に電話するも、親子の会話ではなかった事が、追い打ちをかけます。もともと両親からも疎まれており、居場所が無いと感じていて、モナコでも居場所が無いと絶望していたところ、レーニエと意思の疎通に成功し、立ち直り、モナコのために生きていくと、ヒッチコックに出演を断ります。

 グレースはこの状況を打破するために、モナコ公国での赤十字の舞踏会に各国首脳を呼びます。フランス大統領も自身の暗殺未遂を盾に干渉してくる国もないだろうと参加を承諾し、舞踏会へ。
 そしてグレースは舞踏会のスピーチにて自身のことや愛をテーマにした内容で各国の共感を勝ち取り、アメリカからの支援を得ることで、危機を脱して終わります。

 今作についてクレームがついたことは、観ているとなんとなくわかります。なぜなら本当にグレースのみが正しい感じがするからです。レーニエ大公については決断力に欠ける感じ、モナコ公国で政治する人の堅物っぷり、フランスの完全悪っぽい感じ、赤十字の病院の改築よりも、舞踏会(。→∀←。)キャハ♡って感じはまぁそちら側からしたら文句も言いたくなるような気がします。
 私としてはあまり他人の気持ちがわからないので、こういった作品は苦手ではあるんですが、ただ劇中での自身の居場所を求める感じは普通に生活すれば、誰にしもあるものなので、そこまで退屈ではありませんでした。

 何かグレースの亡くなった事故の話があるかと思ってましたが、途中自身の思い通りいかなかった、グレースが自身の運転でぶっとばしているシーンがあり、もしやこういう性格だから事故ったと言いたかったのでしょうか?

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]