忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

スーサイド・スクワッド 字幕版

 9/10(土)にスーサイド・スクワッドを観て来ました。



あらすじ
 世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。(Yahoo!映画より)

予告できっと関連作と違って愉快な作品になるんだと思っており、楽しみだったので朝一で観て来ました。
 ……愉快なシーン少なかったorz

 登場キャラは世界最高といわれるスナイパーで暗殺者のデッドショット、ジョーカー大好きのハーレイ・クイン、炎を操るディアボロ、ワニ人間のキラークロック、仲間を裏切るといわれているブーメラン、隊長のフラッグ、用心棒のカタナ、縄を扱うスリップノット、司令官のアマンダで敵側が魔女のエンチャントレスとセンチネルっぽいインキュバス、そして一時的に場を引っ掻き回すジョーカーといったところでしょうか。

 このシリーズでは1作目ということで登場人物の紹介に時間がかかるのはわかりますし、バットマンやフラッシュみたいさらなるシリーズ展開のシーンを見せてくれるのはよかったです。敵がどういった形で出現するのかは予告編でも片鱗が見えてこなかったので気になっていたのですが、アマンダお前のせいか……そしてスリップノット一体どんなキャラかと思えば首についた爆弾を確認するためだけのキャラとは……

 戦闘シーンは割と少なかったような気がします。最後の戦闘シーンは会話が長くてさっさと殺れとは思いました。いや妄想のジョーカーについてはお前誰だ?!的で面白かったですが。あとはディアボロは途中まで力を見せませんでしたが、ハッパをかけられて以降見ていて楽しかったです。炎の魔人?状態も素敵でした。なぜ殺したし?あと隊員も自己犠牲払ってるんだから隊長ぐらい話題に出してやれとは思いました。

 そこまでキャラに思い入れがあるわけではないのでお前最初の一回しか仲間裏切ってなくねとかお前ら割と話が分かるやつなんだなとかは気にしませんし、ウィル・スミスだもんと思いました。ただそうなってくるとハーレイ・クインってただのヤンキーぐらいにしか見えないのが(何故あいつらに勝てる?)……あとはワニ男は面白い美的感覚しか披露していないような。

 救出対象が今回の原因のアマンダだったのとその場で一緒に働いていた作業者を銃殺したのを見て一番の悪人だと思ったのと一人だけ何の恩恵も与えられなかったブーメランは愉快でしたし、連れていかれそうになるフラッグ、狙われるフラッグと続きデッドショットの「またフラッグだ」は愉快でした。あとはカタナがずっと日本語なのは面白かったです。旦那の敵のニホンゴはオモシロカッタデス。

 この作品に出てくるジョーカーをもっとカメオ出演にして、その分の尺を他に回せばよかったんじゃないでしょうか?
 次作はバットマンに目をつけられた状態でどうやるのか、コメディ路線にしてくれないかと思いながら待つことにします。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]