忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

X-ミッション

 2/20(土)にX-ミッションを観て来ました。



あらすじ
 以前アスリートだったFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となっているアスリート犯罪集団への潜入捜査を開始する。彼らには、卓越した能力を使って、犯罪行為を繰り返している疑いが掛かっていた。しかし、ユタは彼らと危険な行動を共にするうち、ボーディに対し信頼と友情を抱くようになり……。(Yahoo!映画より)

 リメイク前の「ハートブルー」は観ていないので、どう変わったとかはわかりませんが、生身アクションがすごかったと思いました。リアルアクションの割にはいろんな種類のエクストリームスポーツが出て来るので、どこぞの映画と違って楽しかったです。

ネタバレあり
 エクストリームスポーツプレーヤーのユタは友人を亡くしたことで、きっぱり足を洗い、贖罪のためFBI捜査官になろうとしているというとんでも奈主人公。
 追うのはエクストリームスポーツ的な強盗団!

 過去の経験から強盗団は"オザキ8"を達成しようとしていると判断して、波乗り、パーティ、殴りあいでボーディ率いる強盗団と仲良くなっていくユタ!
 若干宗教的なお話が続き、ユタが洗脳されているのかと思いきや、犯罪はしっかり止めようとして、強盗団を追う立場に戻る。
 残りのオザキ8でボーディを逮捕しようと向かうのがエンジェルフォール!ボーディの飛び降りで解決したかと思いきや、後日失敗した波乗りに挑戦しに来たボーディをユタは無謀な挑戦と止めるも、お前ならわかるだろう?と諭されて、ボーディが大きな波に消えていく姿を見送って終了。
 エンドロールでは撮影の裏側的な映像が流れて、劇中のこのシーンはこういうラインを考えてたみたいなのがわかりました。

 バイクスカイダイビング波乗りトランスフォーマーでおなじみムササビスーツ、険しい雪山からのスノボ、エンジェルフォールのロッククライミング、とんでもない高さからの自由落下と手を変え品を変え、ハラハラ見れたのは本当に良かったです。
 ただしオザキ8を達成するたびに自然のものを自然に返すエコテロはは正直よくわかりませんでした。
 強盗団のメンツもムササビスーツでせっかく仲良くなったのにユタとの関係性はもっと仲良くなってもとか、ヒロインのためらいの無さ、ボーディとはもっとこう……な関係だったらと内容の方で残念な気持ちになりました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]