忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

GUARDIANS OF THE GALAXY 2D字幕版

 9/13(土)に「GUARDIANS OF THE GALAXY」を2D字幕版で観て来ました。



あらすじ
 自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。(Yahoo!映画より)

 ヒーロー映画は基本的に鑑賞するということもあり、観て来ました。

ネタバレ感想あり
 主人公のピーター・クイルは少年時代に母親が癌?で闘病中に死んだ後に開けてと最後のプレゼントを貰い、手を握ることをお願いされるが、それを行う前に母親に死なれてしまい、傷心のまま病院を出たところ、宇宙船に捕まる。
 そして26年後自称"スターロード"と名乗り、ある惑星で謎の球体ケースを手に入れる。それを惑星ザンダーの破壊をサノスに頼む代わりに手に入れようとするロナン。ロナンの命令でピーターを追う、サノスの養女であり、サノスとロナンを裏切る気のガモーラ、アライグマ?のロケットと樹木型ヒューマノイドのグルートはピーターに狙っていたものを奪われ、ラヴェジャーズのリーダーのヨンドゥがピーターにかけた懸賞金を狙いピーターを狙う。
 上記4人?は惑星ザンダーでのひと悶着で刑務所に入れられてしまう。そこで自分の妻子をロナンに殺害され、復讐を誓ったドラックスと出会い、ガモーラから球体ケースの中身を"コレクター"に売り、それを分けることで一時的に協力し、刑務所を脱出。
 コレクターから中身が銀河系を滅ぼすことのできる石であることを教えられ、その際にその力を目の当たりにする。
 ドラックスは分け前より、ロナンに復讐することを優先するあまり、勝手にロナンに居場所を教えてしまう。そこに現れるロナン!
 完膚なきまでにやられるドラックス。そして石も奪われてしまう。
 石の力により、サノスに頼る必要が無いと反旗を翻すロナン。惑星ザンダーをロナンに破壊されないようにヨンドゥに石を渡すことで協力を依頼するピーター。そしてロナン打倒で一つになる面々。
 それぞれが役割を果たし、石を取り返し、その力を使い、ロナンを倒す。
 その後ピーターが普通の人間ではなく、古代種と人間のハーフであることが判明する。ピーターと仲間たちはまた旅に出る。

 大雑把な内容はこんな感じだったかと思います。特筆すべきはやはり人外のロケットとグルート。

 ロケットは違法改造により、下等生物になってしまい、至る所でアライグマやリス、化け物とひどい扱いを受けます。本人的にもあまり快く思っておらず、酒が入ると泣き上戸っぽく、本心を吐露する場面がとてもキャラが出てよかったと思います。そして一転アクションではあのアライグマ凄いという状態でまた計画を立てたり、兵器を作ったりと大活躍!
 グルートはI、am、GROOTと3単語しかしゃべれないのに、言い方で感情表現し、打ち解けてない状態でも仲間想いの行動とる良いやつで最終的にはWeを発音し、仲間のために自己犠牲をはかる姿は非常に良かったです。その後のロケットがグルートのかけらを抱き泣く姿とか……
 まぁその後復活し、ダンシングフラワーみたいになるんですが、そしてアクションでは完全チート!火で焼かれるシーンはないんですが、自己再生、成長することで攻撃、防御するし、明かりの代わりになると色々できるというすごい奴!まだきっと何かできるはずです(笑)

 残り3人についてはあまり特徴的なのが無いんですが、主人公のピーターは最近の主人公では珍しい軟派な野郎ですぐ手が出る、虚勢を張るという本当に主人公かと思いきや、案外すぐにヒーローになります。
 そして最初の母親の手を握れなかったのに対して、最後のロナンを倒すために石の力を使う際に一人では耐え切れないところ、仲間の手を握ることでコントロールする対比がいい感じでした。あとはバックパックや足のロケットで飛ぶところはフォーゼを思い出しました。
 今作では1980年代後半の音楽がよく流れますが、それを宇宙人が気に入るということはマクロスのヤックデカルチャーということではないんでしょうか?ただロナンがピーターのダンスに結構な時間見てしまうのは、どこまで文化が無いのかと思いました。
 宇宙船でのドッグレースやノバ軍警察による戦闘等他にも面白いところはありましたが、本国でトランスフォーマーを破るほどなのかと疑問には思いました。

最後に破壊されたコレクションの中から出てくるハワード・ザ・ダック……

こいつは今後の作品に関わってくるのでしょうか?

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]