忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

フライト・ゲーム

 9/6(土)に「フライト・ゲーム」を観て来ました。



あらすじ
 ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。 (Yahoo!映画より)

 「96時間」主演のリーアム・ニーソンさん主演のアクション映画最新作!!

 しかも監督は少女?がこんなことするんだと戦慄した「エスター」の監督であるジャウマ・コレット=セラ監督。リーアム・ニーソンさん主演の「身元不明」もとい「アンノウン」の監督だったりします。あれも実は……だったというオチがつく映画なので、今作の期待は高かったです。

ネタバレ感想あり
 CMのキャッチコピーに正解率3%なんて言われると、当ててやろうと思うのが常でして、ものすごく考えながら観ました。

 航空保安官であるリーアム・ニーソンさん演じるビルは冒頭から娘の写真を見たり、酒をあおったりと陰のある感じでした。
 飛行機に乗るまで周りの乗客を気にしていたところ、出て来ました少女ベッカ!飛行機に初めて乗るということで、怖がっているところにベッカが落とした人形を使いながら、やさしく背中を押すビル!
   この段階でまさかのエスターオチ再びかなんて考えながら、最初に空港で話しかけてきた男性トム、金属探知機で邪魔で尚且つビルの隣に座っていた男性ザック、窓際がいいと言い、何度も窓際の乗客に交渉していた女性ジェン、仲のいいスチュワーデス ナンシー、あとはやけにピックアップされていたライリー、ハモンド、イスラム系の男性と顔見せが進行していきます。

 飛行機が離陸して、トイレで一服していたところ携帯に「身代金を払わないと20分ごとに乗客を殺す。」とメッセージが入る。パイロットとナンシー、実は同僚だったハモンドに説明し、悪戯ではと言われるものの、その後も続くメッセージにナンシーとジェンにメッセージを返信した際に携帯をいじっている人間を探すよう依頼したところ、怪しい動きをするハモンド。
 トイレに行くところを追って行き、問い詰めると「お金が欲しかった。」と白状するもビルと乱闘になり、拳銃で撃たれそうになり、仕方なくハモンドを首コキャして殺害!そして20分たったことを知らせるアラームが鳴り、携帯にはやっちゃたな的なメッセージ。
 20分ごとの殺人をビルが殺っちゃったよ!とシークレット・ウィンドウ的な自分が犯人パターンかと思ってしまいました。

 その後機長に問題ないと報告しつつ、振込先の口座がビルのものであることが告げられ、ワシントンにいる連邦保安局のマレニック捜査官に捜査権をはく奪される。しかし強引な捜査を続けたところ、乗客から反感を買い始めるビル。そして次の20分後に機長が泡をふいて死んでしまう。毒物によるものだとわかったが、機長と接触したのが副機長とビルしかいないことが判明する。
 ビルが犯人ではないかという疑惑がさらに深まりましたが、ここまでされると絶対にビルは犯人じゃないなぁと確信しました。

 さらに強引な捜査を続け、ついには乗客に9.11の再現をしようとしているテロリストではないかと疑われるようになるビル。ザックがプログラマーということで、犯人宛にウィルスを仕込んだメールを送信し、犯人の携帯を特定し、持っていた人間を犯人だろうと迫るもその人間が泡をふいて死んでしまう。犯人の携帯から何か情報が得られないかといじっていたところ、突如動き始め、ビルがテロリストとして色々なところにメッセージを送り始め、爆弾のタイマーが作動し始める。その結果地上ではビルはテロリスト扱いで、偶然にも爆弾の場所を特定するも、乗客に取り押さえられる。
 ハモンドの金が欲しかったはコカイン売買によるもので、犯人にそれを匂わされたから、ビルに疑われる行動を起こしたものでしたが、そのコカインの入ったカバンに爆弾が入っているってどうよ?ハモンドもそれに気付かないなんてどんだけ節穴なのかと!!乗客とビルの乱闘についてはそれまでにハモンドとのトイレでの戦闘、強引な捜査により乗客を取り押さえたりとアクションがありましたが、今回の何人も相手にしているのにまぁまぁ有利に戦っている姿は良かったですが、その後がなぁ……

 取り押さえられたもののビルの誠心誠意な身の上話により、乗客たちは結束し、爆弾が爆発してしまう、最悪の状況を想定して爆弾と荷物を後部座席に移動しているところ、あることに気付き、犯人がトムだということが判明、そしてザックも共犯であることがわかります。そして犯行の理由が9.11の教訓を学んでいないことからの啓蒙のために犯行を起こしたと話します。ザックについてはお金目当てのようでしたが、ザックは爆弾の爆発によって、トムはキービジュアルの格好いい銃撃で射殺。飛行機は無事着陸し、ビルの汚名もそそがれて一件落着!

 うん……この手の映画で犯人を理由込みで当てるのは無理!トムについては3番目の被害者に接触していましたが、あんな時間ピッタリに死ぬものかと……そして機長殺しはトイレからと言ってましたが、実際どうやったんでしょうか?
 ものすごく残念だったのは飛行機のCGで、今の状況で何故にあのレベルなのか考えてしまいました。そしてこの映画は2014年公開ですが、あと4年ぐらい早ければ、実に良い映画だったんじゃないかと思いました。
 正直オチも弱いので、何とも言えませんが、後味が悪くないので良かったです。そしてスタッフロールの最初の方で日本人っぽい名前が見えたのにはびっくりしました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]