忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

サプライズ

 12/12(木)に新宿にあるシネマカリテで「サプライズ」を観て来ました。




あらすじ
 両親の結婚35周年をみんなで祝福するため、息子のクリスピアン(AJ・ボーウェン)と恋人エリン(シャーニ・ヴィンソン)をはじめ、久しぶりに家族が顔を合わせる。だが、彼らの一家団らんの時間は、ヒツジやキツネやトラのマスクをかぶった集団が押し入ったことにより突如終わりを告げることになる。いきなりの襲撃に誰もがパニック状態に陥るが……。

「サプライズ」を観るために初めて新宿にあるシネマカリテに行ったんですが、劇場としては小さいですが座席はフカフカですし、間隔もまぁまぁ広くて大変驚きましたし快適に映画を観ることが出来ました。
 

ネタバレあり
 正直マスク殺人鬼のスラッシャー映画だと思ったんですが、マスクがガラスに映る時の不気味さしかなかったです。しかしヒロインが創意工夫して対抗していく、15禁のホームアローン映画といった感じで面白かったです。     
 今回の「サプライズ」(原題you'RE NEXT)ですがアダム・ウィンガード監督という方の作品で、実は今年に入って短編ばかりですがV/H/S シンドローム
ABC・オブ・デスで拝見していました。また未見ですが現在公開中の「ビューティフル・ダイ」という作品も監督されており、今流れが来ている監督さんではないでしょうか?
他にも主人公のエリン役のシャーニ・ヴィンソンさんをパニック・マーケット3D で観ていたので(私的には前髪を下している方が素敵な気がします)、今回の作品を観るのは必然かと‥








 「V・H・S」では短い中で男性向けのサービスシーンを入れ、今回もスタートにドン!と入れるあたり男らしいような気がします。

 また「V・H・S」は最初に出て来る死体がゾンビでしたとか「A・B・C」でもカモを殺そうとしたら自分たちが‥みたいなブラックジョークが愉快でした。
 今回は長男のドレイクが背中に刺さったクロスボウの矢を結構そのままにしていて間抜けに見えたり、長女のエイミー死に至らしめたワイヤーに矢をひっかけて痛がったり、抜いたら失神するしと笑わせに来ます。
 ただ最大のブラックジョークは家族パーティに参加した10人の男女がオオカミ、ヒツジ、キツネのマスクを被った殺人鬼達にどんどん殺されていくという展開を途中から主人公であるエリンがサバイバルキャンプで培った技術で返り討ちにしていき犯人たちが逆に恐れ始めることではないでしょうか?
 しかし何だかサバイバルキャンプの万能さがコナン君の「親父にハワイで‥」を彷彿とさせます。

 結局殺人鬼達は末っ子のフィリックスに雇われていて、また彼女のズーと共に遺産相続を狙ったものでした。しかし結局犯人たちはエリンに皆殺しにされ、フィリックスはミキサーで殺され、ズーは脳天にナイフ。ちょっと引いてしまうぐらいの殺しっぷり!!
 そして実は婚約者の二男も計画に加担していることが判明し、やはりエリンに殺されます。最終的にはその姿を見ていた警官に撃たれ、警官が玄関に入ろうとしてエリンが仕掛たトラップに引っかかり( ´-`)†あーみん
警官不憫。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

 正直愉快は愉快でしたが邦題が微妙なのと犯人達が顔出しちゃうのが残念でした。まぁ犯人達の痛がる姿は愉快でした。
 現状アダム・ウィンガード監督の作品は私にはいい感じなので、公開中の「ビューティフル・ダイ」とこれから公開される「V・H・S ネクストレベル」を観に行こうかと思います。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]