忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

アナと雪の女王 3D吹替

 5/13(火)にアナと雪の女王を観て来ました。



あらすじ
 エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。(Yahoo!映画より)

 
 
ネタバレ感想あり
 まず同時上映の「ミッキーのミニー救出大作戦」は3Dの効果がよくわからない私でも3Dを感じられたのはすごいなぁと思いました。
 ただミッキーにあーいったキャラのイメージがないのが残念でした。あーいう感じは「トムとジェリー」の方が印象にあります。

 本編の「アナと雪の女王」ですが、私としてはある理由で大変楽しめました!
 その理由は吹替版では神田沙也加さんがアナの声を当てていましたが、しゃべり方が、特に語尾のイントネーションがMay'nさんにそっくりだと思ったからです。そのおかげで劇中どんだけアナが人騒がせな行為をしたとしても大変楽しめました。
 私的には今はやりの“レリゴー”は雪の城を建築するアクションと相まって、大変楽しめましたが、どちらかと言えばミュージカル調のシーンの方が好きです。


 話としてはアナの世間知らずっぷりには辟易しましたが、エルサの魔法のインフレっぷりがとてもよかったです。ただあんなに強いのに落ちてきたシャンデリラ程度にやられたのには悲しくなりました。

 ハンス王子についてはアナと意気投合する際の相手に合わせてる感が半端なかったので、何か裏があるだろうと思ていましたが、あそこまで本気で悪役だとは思いませんでした。特にアナに本心を語ってるところで「エルサには事故で死んでもらう予定……」本気すぎる(lll゚Д゚)ヒィィィィ

 オラフ、スヴェン、トロルと人外キャラクターもいいキャラしてましたが、最もよかったのが雪の城を守っていた怪物です。最後のティアラをかぶった姿が見た目はかわいくないのに行動がすごくかわいいと思ってしまいました。

 最後の展開のエルサの暴走により、心が凍ってしまう魔法をかけられたアナの助ける“真実の愛”をザ・主人公のクリストフとの王道エンドではなく、アナとエルサのお互いを思いあう心にしたことには不満はないんですが、心が凍ることがただ単に体が冷えていくようにしか見えないのが残念なのと、クリストフとアナの関係が結局“初めて会った人と結婚します!”と差がなく、進歩してないんじゃないかと勘繰ってしまいます。

 どうでもいい話ですが、神田沙也加さんの吹替がMay'nさんと似ているんじゃないかと思ってから、以前あった「マクロス ミュージカルチャー」で当初は神田沙也加さんもキャストの一人だったこと思い出しました。残念ながら降板されてしまいましたが、今考えると問題がなければ“トライアングラー“歌ってたんだなぁとしみじみしてしまいました。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]