忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

 5/1(木)に「相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」を観て来ました。



あらすじ

 東京から約300キロ離れた島・鳳凰島で馬に蹴られた男性が死亡する事故が発生。警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)は、不思議なうわさのある島の実態を調査することに。その島は実業家(宅麻伸)が所有し、元自衛隊員が集まり訓練に励んでいた。右京は男性の死亡理由が事故ではなく殺人であると確信。島には特命係、捜査一課、鑑識課が集結するが、彼らを何者かが襲撃し……。(Yahoo!映画より)

 毎月1日は映画の日で通常当日料金が¥1800に対して¥1100となんてお得!……やっぱりキリが悪い!おのれ消費税!!

 相棒シリーズはそこそこ見ていて、劇場版については2作目を官房長のポストカード目当てで、「X DAY」は“宇宙で最も迷惑な奴”が主人公だというので観に行ったりと案外見ています。

ネタバレ感想あり
 今作ですが、すごくプロパガンダ臭がしてとても不快な気持ちになりました。
 今回は神室司率いる民兵の居る島で馬に蹴られて死んだ人間を調査するって体で島で製造されているという生物兵器を確認するというものですが、なぜ馬に蹴り殺されるっていう設定にした!せっかく海に囲まれた島なんだから行方不明にしておけばいいものを!
 そもそも相棒って右京さんが何でもないところから事件を見つけて解決していく感じだったかと思ってましたが、今作では最初から目的あるし、登場人物もほぼ私が犯人だと言わんばかりで謎解きとは程遠かったです。

 ただ問題は謎解きではなく、どちらかと言えば自衛隊関連の話。登場時から何だか悪役っぽく、その上登場したのが極秘の特殊部隊なのにリーダーがあっさり神室に殺されそうになったからって、部隊全員が屈するなよ!てっきり「ダイ・ハード2」みたいな裏切りがあるのかと思ったよ。

 で一番気持ち悪かったのが最後にある神室と右京さんの国防に対する会話で自分たちはテロリストではないし、、国のためだし、生物兵器はやられたらやり返すためのものって言ってましたがそれじゃ駄目だろう。やり返すんじゃなく、やられないようにしろと!
 そんな理解に苦しむ神室に国防、核兵器の事を語らせ、主人公である右京さんにそれを否定させるってのはなんだかなぁって気にさせられます。
 その会話から“国防という流行病”ってセリフを言わせたかったのが見えてきたのがすごく不快でした。

 最後に杖の先につけた馬蹄でフルスイングして馬のせいってどうなのかと!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]