忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

コードギアス 亡国のアキト-第3章 輝くもの天より堕つ スタッフナイトトークショー

 5/15(金)にバルト9で開催された「コードギアス 亡国のアキト-第3章 輝くもの天より堕つ」スタッフナイトトークショーを観て来ました。



あらすじ
 任務を遂行して帰還するアギトたちワイバァン隊だったが、ある者の策略でID登録を抹消されたために駐屯地に入ることができなくなってしまう。当てもなくさまよう彼らは、旅の生活を続けている老婆の集団と過ごすことになる。つかの間の休息を取りながら、アキトやレイラらは、お互いの過去や素性について知っていくように。一方、ユーロ・ブリタニアに謎多き軍師ジュリアス・キングスレイが着任。シン・ヒュウガ・シャイングは、対ユーロピア戦線を指揮する彼の姿を静観しつつ、自身の野望を達成すべく動き始めようとしていた。 (Yahoo!映画より)

 前回の第2章公開からまさかの20か月ぶりの第3章……前半はアノウ中佐のせいでほのぼの生活を送り、一部レイラの過去に関する話、後半はキングスレイ卿の作戦から混沌とし、シンが野望に向けて動き出すといった感じでしょうか。
 私的にはアクションが少ないなぁとは感じましたが、ほのぼのシーンも嫌いではなかったです。アヤノは確実に自分の胸が大きいことを知っている踊り方をしていました(笑)
 後半のアクションは内ゲバでしたが、ランスロットのとんでもさが出てました。話の内容とインタビュー記事から考えるとアキト達相手にあんなアクションしなさそうですが……
 
ちなみに初日に行った時の入場者特典のフィルムは……うん!きっと!最後の方だ。

 スタッフナイトトークショーは赤根和樹監督、キャラクターデザインの木村貴宏さん、総作画監督の島村秀一さんが登壇されました。
 最初から赤根監督の顔色が悪いという話から始まり、木村さんのキラキラした民族衣装を他のアニメーターに頑張ってもらうつもりがすべて自分で描くことになったという悲しい話(笑)。島村さんがアヤノに対して怪しい気持ちを持っていたことがドラマCDの設定に生かされという話と色々ありました。
 ユーロピアの制服でレイラが短パン、アヤノがスカートが短いものなのは、若いと短く、年老いると長くなるというとんでも話。
 ジュリアスとスザクについては、基本的にルル……正体をぼかして愉快に話されてました。福山さんのアフレコ時の感想で「僕浮いてなかった?」に対して、浮きまくりと言う回答には笑いました。あとは腰が色気ポイントで絶対まっすぐ立たないなんてwww
 他のキャラではババア7人組について、実に愉快なやりとりしていたのとヨハンの1章のアレが演技でただのツンデレだったという衝撃!しかもまだあきらめていないと言う話だったので、大分印象が変わりました。

ちなみにこのイベントでは入場者特典があり!






 
 
   
 
 
 

固い紙での複製原画とポストカードでした。

 次章では男の子の憧れをいかんなく使用するアフラ・マズダに興味があるのと、今回登場した時空の管理者を見て、この話そっち側に行くのとそわそわしています。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]