忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ザ・デッド インディア

 1/13(火)にヒューマントラストシネマ渋谷で「ザ・デッド インディア」を観て来ました。



あらすじ
 インド郊外で風力発電の開発を進めるアメリカ人電気技師、ニコラス(ジョセフ・ミルソン)。インドで出会い付き合っているイシャニ(ミーヌー)と結婚し、一緒に帰国することを夢見て働く中、彼女から街の様子がおかしいと電話で告げられる。発電塔から街を見渡したニコラスは、ゾンビが大量発生して生者たちを襲っているのを目撃する。イシャニを救い出そうと、500キロメートルも離れたムンバイに向かおうとするニコラス。だが、その前に圧倒的な速度で増殖するゾンビが立ちはだかる。 (Yahoo!映画より)

 今作は現在ヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている"未体験ゾーンの映画たち2015"の中の1作です。
 原題が「The Dead 2 india」と何故に2かと思っていたら、なんと「ゾンビ大陸 アフリカン」の続編だということが判明!

シアターN渋谷で観たなぁ……その直後に観た「セルビアンフィルム」の印象が強すぎて記憶が薄い……

ネタバレ感想あり
 一応続編ということもあり、前作のことはアフリカでゾンビ騒動起こってますよ!とラジオで一報で紹介されてました。
 主人公のニコラスが妊娠が判明した恋人イシャニのところまで500Kmを進むロードムービーです。恋人が妊娠というところで最初から嫌な予感はしましたが、そこまでひどいことにならず良かったです。
 移動にモーターパラグライダーを使うなんで珍しいなぁと思いましたが、すぐ使用できなくなったのは残念でした。
 最初のイシャニとの電話の際に何か異変が起こって、訳がわからない感とかいい感じで、ゾンビについても走ってこないところが今では珍しい感じでした。ただ近づいてから掴むところがものすごく俊敏!!そこはかとなくバイオハザードを感じました。
 移動方法を探したり、武器を手に入れるそして道中で道案内を買って出た家なき子ジャベドの先行してゾンビと遭遇する感じがすごくバイオハザードっぽい!


 
 最終的には途中で出て来た王族と町娘の叶わぬ恋の寓話よろしく、せっかく出会えたニコラスとイシャニがアメリカの慈悲泣き避難所攻撃によって、ジャベド少年と共に土の中?で終ってしまいます。
 ただ寓話だと王族と町娘は一緒に埋められても、確認のため開けたら中に誰もいませんでした!!だったので、逃げる手引きをした人物がいたと解釈しましたので、この話の結末とはやや違う気がしました……
 インドということもあり、イシャニの父親がヒンズー教の教え的に今回のことは人類が今まで起こしてきたカルマによるもので神の試練だと言ってましたが、途中車に挟まって出られない親子を射殺する苦しい選択をするニコラス、過去の恋人が堕胎してしまったニコラスとどんなに今頑張っても報われないというのはあまり好きではありません。
 あとはジャベド少年について最後に母親っぽい人が出て来ましたが、途中なんか派手な人がいるなと思ったぐらいだったので、そことつながってもなぁと思いました。よっぽど神が遣わせた使者(笑)のが良かった。
 最後以外は結構グロイところとかもあり、楽しめました。ただ一つ言いたい途中総称するとバールのようなものを使ってゾンビを撃退するんですが、「それをすてるなんて、とんでもない」と言いたかったです。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]