忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

サカサマのパテマ アジアン・プレミア

 10/24(木)にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されている“第26回東京国際映画祭”特別招待作品の「サカサマのパテマ」を舞台挨拶付きで観て来ました。



あらすじ
 果てしなく坑道が続く地下世界に暮らす、地下集落のお姫様・パテマ。天真らんまんで好奇心旺盛なパテマのお気に入りは、立ち入り禁止となっている「危険区域」を探険することだった。世話役のジィの心配をよそに、いつものように危険区域へ飛び出したパテマだったが、予想だにしなかった出来事に遭遇してしまい……。(Yahoo!映画より)




 以前観に行ったアップサイドダウン 重力の恋人との類似性から興味を持っており、また一度は行ってみたいと思っていた東京国際映画祭にこの「サカサマのパテマ」が上映されるとわかったため行ってきました。
 ちなみに東京国際映画祭的にはチケットの発券を上映直前にQRコードを用いて行うんですが、少々めんどくさかったです(´・ω・`) ショボーン

 まずアジアン・プレミアとして舞台挨拶があったんですが、始まる直前に司会の方から本日(10/24)はエイジ役の岡本信彦さんの誕生日をサプライズを行うための掛け声等の打合せがありました(笑)
 舞台挨拶では吉浦康裕監督、パテマ役の藤井ゆきよさん、エイジ役の岡本信彦さんが登壇されました。まず藤井さんがデケーと思ってしまいました( ゚Д゚)
最初の吉浦監督の挨拶で「本日いらっしゃった方の多くは岡本さんのファン…」と言われた際に海外マスコミ向けの通訳さんが「OKamoto’s fan…」ときっちり訳していたの面白かったです。
 ちなみに正直毎回きっちり訳されるので拍手のタイミングが掴み辛かったです┐(´ー`)┌ 
 

  藤井さんが挨拶の時に感極まっていたとか、スコットランドのラブアニメ映画祭で観客賞と審査員賞を取られたことについて等ありましたがサプライズ誕生日祝い意向が印象的でした。
 出て来たケーキの絵がすごかった━(゚∀゚)━!!
また掛け声で「のぶくん おめでとう!!」と言っていたら司会の方が「ファンの方に愛称を教えてもらたんです。」といったら通訳の方が「His  nickname  NOBUKUN」ときっちり訳されて吹いてしまいました。
他にも岡本さんがケーキの前で海外マスコミの方の前で自己紹介したり大変愉快でした。

 映画の内容については公開後にもう1回観ようかと思いますが、「アップサイドダウン」の双子惑星がそれぞれの重力を持っているとは違い、1つの星で新しい科学技術が失敗して、2つの重力が発生してしまったものでした。
 サカサマの関係についてはエイジ側の人がパテマ側の人を人間ではないとまで言ってしまうような世界観でした(゚Д゚#)
 “サカサマ”のアクションについてはやっぱり「アップサイドダウン」とかぶってしまいますが良かったと思います。
 悪役のパテマへの行動が“やめて私に乱暴する気でしょうエロ同人みたいに!”を実際やろうとしているようにしか見えなかったです(゚Д゚)ゴルァ!!

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]