忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

ロスト・ボディ ~シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2013

 10/27(日)にヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている~シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2013の1作ロスト・ボディを観て来ました。



あらすじ
 ある男が、恐怖のためにパニックに陥り、トラックに轢かれてしまう。
警察が現場に到着し、轢かれた男性は近くの死体安置所の警備員であることが判明する。
その頃、死体安置所では女性の死体が忽然と姿を消していた。警察は、失踪した死体の夫であるアレックスに連絡し、死体失踪事件の調査を開始する。
ところが、その夜に付近を嵐が通過し、死体安置所は外界から隔離された状態になってしまう。
そして、死体安置所では恐ろしい事件が起こり始める。(ヒューマントラストシネマ渋谷作品紹介より)

 この日は吉祥寺でネコミミを付けずにライブするのは初めてだという高森さんのライブを見て、いい感じでヒューマントラストシネマ渋谷に向かいました。
現在ヒューマントラストシネマ渋谷では「~シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2013」を開催しており、1週間という限定された期間ですが面白い映画を6本公開中です。今作「ロスト・ボディ」はその内の一本です。

 全作品を観た方は特製のシャツを貰えるようでスタンプカードもしっかりしていていい感じです。私はある作品が変なこだわりのため観れないので少し悲しいです(´・ω・`) ショボーン

 話の内容はある晩に遺体安置所の警備員がパニックになりながら、警察に電話をして、その後車に轢かれるところから始まります。
 そして警察が遺体安置所に着くと死体が1体行方不明だとわかります。そしてその死体が
 
マイカという富豪の女性で実は夫であるアレックスが不倫相手との将来のため毒殺していたものでした。
 
何故死体が消えたのか、マイカは殺されたのかを
妻を亡くした刑事が解いていくものです。

 スペイン映画のミステリーはあまり観たことが無かったですが、面白かったです。

 基本的に主人公はアレックスです。せっかくマイカをショック死に見せかけて殺したのに死体が無くなったせいで、解剖されるのを恐れて隠したんじゃないかと嫌疑をかけられパニックになっていました。また至る所に嫌疑を深めるようなものが出現して、「シークレット。ウィンドウ」みたいにアレックスが狂っていて、実際死体隠してんじゃないかと思いました。しかし‥以下ネタバレ



















 実際マイカは死んでいました。そして実は刑事と不倫相手が親子であり、今回の事件は刑事の妻の死が死んだことの復讐でした。
 10年前に起きた刑事の妻の死がマイカとアレックスの事故によるもので、それからの年月を犯人探しに費やし、今回の件で復讐のため色々暗躍していたのでした。最終的にはマイカと同じ毒物を使用されアレックスが死んで終わります。

 途中途中刑事の身の上話がちょいちょい出て来ましたが事件そのものに関係ないだろうと思っていました。最後の最後でアレックスの知る不倫相手は存在していないことが判明してアレックスはサイコ野郎だったのかと思いましたが、刑事が真相を語り、アレックスに盛っていた毒が回る時間に、刑事のセリフがチクタク?だったのは少し背筋が寒くなりました(lll゚Д゚)ヒィィィィ
 ただ警備員が完全にとばっちりなのと、どんなに親子で頑張ってもあんなにうまいタイミングで物を出現させるのは無理だろうと思ってしまいました。
 しかしこの程度であれば面白かったので問題ありません。問題なのはこの後に観たもう一本が‥

拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]