忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

「マジェスティックプリンス」コミックス発売記念 真夏のザンネン☆トークショー

8/25(日)に池袋のアニメイト本店で行われた「マジェスティックプリンス」コミックス発売記念 真夏のザンネン☆トークショーに行ってきました。

 
現在絶賛放映中の「銀河機功隊 マジェスティックプリンス」ですが
   私は最近アニメを週1で見る気力が起きないため、何か見たくなったらBDを全巻そろえてみてからイッキ見するようにしています。そのため現在放映中のものはほとんど情報を集めているだけの状態です。なので「銀河機功隊 マジェスティックプリンス」についてもしっかりいている訳ではありませんでした。しかし私の母親はロボットが好きで、また「ガンダムSEED」からの平井久司さんのキャラの大ファンのため、「銀河機功隊 マジェスティックプリンス」にはまりました。なので「ACE」や「タワレコのライブイベント」、「スタンプラリー」等のあらゆるイベントに付き合わされています。
 ちなみに「スタンプラリーhttp://www.tobu.co.jp/news/2013/0730/stamp_rally.html#con01」では御膳立てで一人で館林に行かされ、次の日に2時間半以上かけて鬼怒川温泉に行ってきましたが、浅草から特急に乗らずに普通電車で行こうとすると時間が合わないと1時間程度待つことになります。そして驚愕なのは最終目的地のスカイツリーでくじを引かせていただけるのですが、はずれがありますorz 今も景品が残っているかわかりませんが時間に余裕があって三日ぐらいゆっくりと時間をかけて行くことをオススメします(笑)

スタンプラリーで2コース制覇した景品です。

 本題の「マジェスティックプリンス」コミックス発売記念 真夏のザンネン☆トークショーですがアニメイトで対象商品である“HERO'S COMICS”の「マジェスティックプリンス」と角川コミックス・エース「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」を購入して応募券をもらい、当選すると参加できるイベントです。開催場所は池袋のアニメイト本店の9Fイベントホールで13:00ぐらいから開催されました。                                                                                            
 対象のコミックス2種類を並べました。表紙は同じ遺伝子を持つキャラです。上がヒーローズ版でアニメとは微妙に違うような話で、下が角川コミックス版でアニメ準拠のものです。



アニメイト池袋本店です。店の前に大量の女性が並んでいました。

 基本的に私が色々と応募していますが、母親が行かないとのことなので参加してきました。イベントホールの前ではしっかりと名前の確認をされたので結果的に今回は私が参加して正解でした。ここでアンケート用紙を渡され、その内容に沿って進行していくようです。

イベントホールの前に貼ってあったポスターです。

 前説で諸注意と今後開催されるイベントの説明がありましたが、その際まだ公表されていない登壇者のフライングしていました┐(´ー`)┌ 会場は男女半々といった感じでした。
 今回のイベントには“アサギ・トシカズ”役浅沼晋太郎さん、イリエ・タマキ役井口裕香さん、
ナトリ・シオン役ブリドカットセーラ恵美さんの3人が登壇されました。失礼ですがブリドカットセーラ恵美さんの名前に少々反応してしまいました。白人の女優さんみたいな方でした。
最初の挨拶で多分前に座られた方がサイリウムを持っていたり、何か井口さん関連グッズを持ってこられている方に反応して、ここはさいたまスーパーアリーナじゃないことを言い、井口さんファンと思われる男性に浅沼さんが投げキッスをされたり、今日の武道館の話をされ、公認ファンで「イーガペイン」の杉田智和さんがここまで走ってくるとか非常に愉快でした。
 まず「銀河機功隊 マジェスティックプリンス」で印象に残る話数は?という質問に対してアンケート結果で最近の話で“泣きながら塩辛を食べるタマキ”や“少女に振り回されるアサギ”色々分かれたようでした。他にもアフレコ現場で“ブルーワン”という機体を「ブルーイチ」と間違ったったものや「行ってきマングース」等のアドリブをそのまま採用したりしているそうです。
 次のコーナーはヒーローズ版と角川コミックス版にキャッチフレーズをつけるものでした。まず劇中下手な少女漫画を描く主人公のイズルにひっかけて、ヒーローズ版「絵がうまいイズルがいます」角川コミックス版「絵が下手なイズルがいます」色々とありボツになりました。他にもスルガ役の池田純矢さんの「おっ〇い」なんてのもありました。まぁヒーローズ版は原作が「ゲットバッカーズ」の綾峰欄人先生なのでそういったところが強調されているような気もします(笑) 結果としては「MJPは一つじゃない、受け入れよ」?と「僕たちは戦うために生まれてきた」?だったかと思います。選ばれた方にはサイン入りコミックスがプレゼントされました。
 今度は2クール目から変更になったエンディングで「アリガトウ。タダイマ。」「僕たちは生きている」はそれぞれ男性と女性に分かれており、今回のコーナーは相手方のものを推薦するというものでした。面白かったのは浅沼さんの推薦内容で「アリガトウ。タダイマ。」を歌ってるのは井口さんとケイ役の日笠陽子さんで個人名義でCD出してることについて、井口さんから日笠さんの進撃の巨人の主題歌とPVについて触れていたことと、アニメロサマーライブに呼ばれなかったことを愚痴っていたところに来年3人で“スリップサイド”で出ようと言ってたのが大変良かったです。元ネタに合わせるならブリドカットセーラ恵美さんのエアドラムは違うんじゃないかと…
結果として浅沼さんが勝利し、「アリガトウ。タダイマ。」が流れる中、井口さんがお知らせを読まされていました。
 そしてじゃんけん大会があり、ザンネンにかけて負けた方が勝ちというルールで4名にサイン入りのシャツがプレゼントされるのですが、私は全部パーを出した結果最後の1回以外は最初で負け、最後の1回も2回目で負けるという残念な結果でしたorz 勝った方は男性、女性、男性、女性とうまい具合に分かれ、今回の男女戦争は引き分けでしたが、ラジオこれからも続けていくそうです。ちなみに掛け声が「最初はグー ブラスト オフ」というのも面白かったです。
11月のイベントではコミケで売れなかったあれが商品かも(笑)
 突然主要6人の人気投票があり、お二方が演じられるキャラに人気があるのがわかりました ┐(´ー`)┌ マイッタネ♪
 最後にコミックの担当されている方々のコメントと書き下ろしの色紙が池袋と渋谷のアニメイトに置かれるとのことでした。とてもいい絵でしたよ。しかし井口さんのやっぱり漫画家さんは絵がうまいんだの発言には( Д ) °°でした。
最後に皆さんから一言ずつメッセージがありイベントは終了しました。結局杉田さんは間に合わなかったとか、応援は中村さんがしているとかの内輪ネタで最後まで楽しませてもらいました。

拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]