忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

台風のノルダ

 6/5(金)にTOHOシネマズ新宿で「台風のノルダ」を観て来ました。



あらすじ
 観測史上最も大きな台風が接近しつつある中、離島にある中学校では生徒たちが翌日に控えた文化祭の準備に追われていた。東は幼少時より野球に打ち込んできたもののやめることを決め、そのことで親友の西条と仲たがいをしてしまう。そんな東の前に、突如ミステリアスな赤い目の少女ノルダが姿を現し……。(Yahoo!映画より)

 何となく空の映える作品かと思い観て来ました。
 まず以前に今回の監督とキャラクターデザインの方が逆の立場で製作された「陽なたのアオシグレ」が流されました。
こちらは小学生の男の子が片思いしている女の子と仲良くなっていくものの、女の子が転校してしまうことから思いを伝えるために頑張る姿を妄想交じりの絵本のような絵柄で進む作品で、終盤の妄想が度を越えているため、男の子が途中でアクシデントに遭ってしまい、死後の世界かと思ってしまいました。しかし終盤でBGMがかかっている状態で観るとなんだかいい感じでした。


 そして本題の「台風のノルダ」ですが、こちらは思春期真っ只中の中学生の少年が主人公で友人とうまくいってないところに文化祭の準備、台風の上陸とイベントが重なる中、突如現れた不思議な少女からこの台風が世界を破壊をするものだと教えられ、何とかしようとする物語でした。
 話としては嫌いではないので、短編ではなくもうちょっと長く製作してほしいと思いました。ただ……声が……別に本業の声優さんでなければダメというわけではありませんが、ちょっと気になるレベルでした。終盤の「あきらめるな」と言うセリフかと思いますが「アッチヲミンナ」と聞こえ、ファッ?となってしまったじゃないですか!
 「陽なたのアオシグレ」を先に観ているせいで、すごく差を感じました。やはりケースバイケースだと思うんですよね……そしてこっちはクライマックスがわかりやすいのに盛り上がるBGM無しとは……
 話が進むにつれ成長し、友人とすれ違いを解消して世界まで救ってしまうん話運び、不思議な形をしたロボットとかいい感じなのになぁと思いました。
 しかし空はやっぱりパテマの方が上だと思いました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]