忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

 6/20(土)にマッドマックス 怒りのデス・ロードを観て来ました。



あらすじ
 資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。 (Yahoo!映画より)

 最近娯楽アクション映画の少ない中、きっと予備知識なしでも楽しめるだろうと思い、観て来ました。

 過去の作品については北斗の拳の元になった程度の知識しかありませんが、ぶっ飛んでる感は半端なかったです。あの世界観がまさに狂気でした。
ミルクとか各改造車、ハリネズミみたいな車、サーカスの曲芸のような攻撃、火を噴くギターと私のような凡人には想像できない世界観でした。
 アクションがすごいのはわかっていましたが、主人公のマックスが人間性を取り戻していく様やウォーボーイズのニュークスがケイバブルの触れ合いの中で崇拝対象のイモータン・ジョーから離れ、自己を獲得し、最初の方と最期に同じように言うセリフ「俺を見ろ!」が全然違ってくる等キャラクターの物語としても良かったです。私的にはマックスでもフェリオサでもなくニュークスが主人公だと思いました。そして演じているのがあのイケメンだと気づきませんでした。

 ただ設定については考えないことにしても、敵役のイモータン・ジョーがバックボーンの話があったとしても、崇拝対象になるほどの人物に見えないということと(いくら1作目の悪役の方がキャスティングされていたとしても)、火を噴くギターが出て来るのにBGMがガンガンじゃないことが私的には残念でした。あとは何十年も前の記憶を頼りに旅に出るのはいかがなものかと思いました。

 あと日本語版主題歌はあまり好評ではないようですが、私的には日本語の歌詞じゃなければほとんど聞き取れないので、Out of Controlは合ってる曲だと思いました。

 
 最後にカーリーが観れるとは思いませんでした。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]