忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

劇場版THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

 3/1(土)にシネ・リーブル池袋で「劇場版THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」を観て来ました。
 


あらすじ
 トップアイドルとして活躍する765プロダクションのアイドル。美希はハリウッド映画デビューが決まり、千早は海外でレコーディングすることになるなど、飛躍していた。そんな中、765プロダクションのアイドルたちによるアリーナでのライブが行われることに。ライブリーダーには、メンバーのまとめ役でもある春香が選出され……。(Yahoo!映画より)

 先日ライブを見に行ったので、これを機会に劇場版を観ておこうと思い、行って来ました。


 入場者特典として“眠り姫M@TERIAL BOOK”を貰えました!
 ただスリーピングと言われると2、3年前ぐらいに公開していた非常にエロスを感じる映画を思い出します。



 アニメ版の続きという事ですが、見ていない私としてはきっとWUGみたいなのを経て、ある程度綺麗にまとまったんだろうなぁと解釈して観てました。“輝きの向こう側へ”なんて哲学チックなタイトルがすごく興味をそそります。
 そして今作ではミリオンライブから登場するアイドルが登場するとのことだったので期待していたんですが……出てこねーじゃん(゜д゜)ウヴォァー!

 今作ではキャラ毎のエピソードは多分アニメ版で終了していて、今までとは若干趣の違うところで成長を見せるような構成にしたんだと思いました。
 特定の人物をリーダーにしたり、後輩アイドルを登場させたりしてましたが、後輩アイドルに時間をかけすぎのような気がしました。
 ミリオンライブのアイドルを後輩アイドルとして、さらにトラブルメーカーのようにしたのは話の推進力としてや、アイドルの成長物語になっていたので別に気になりませんでしたが、説得するのにえらい時間がかかっていてその間アイドルっぽいことをしている訳ではなかったので、グダグダした感じがしました。

 ただ最初の“眠り姫”の予告編やこの間のライブを彷彿とするセリフ、最後の一致団結してからのライブの1曲目なんかは良かったと思います。正直演出的に1曲目なのに、よくライブのクライマックスで使われる銀色のテープが噴出されるのが見えたので最後の曲にしか思えませんでしたが……
あとあそこの観客は何故みんなサイリウムがレッツ・パーリーだったんでしょうか?


 このアニメシリーズはこのまま続いていくのか?ほぼ主役だったミリオンライブや1シーンだけ出て来たシンデレラガールズに世代交代していくのか興味があります。
 
 
 
 
 

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]