忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

ゼロ・グラビティ IMAX3D字幕

 1/28(火)にユナイテッド・シネマ浦和で「ゼロ・グラビティ」を観て来ました。



あらすじ
 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。(Yahoo!映画より)

 前にレッド・カーペット に参加していながら、本作を観に行かなかった要因は3D映像がすごいと評判だったので、何とかTCXでドルビーアトモスとか4DXみたいな普通よりすごい映画館で観たかったんです。
 しかしららぽーと船橋も名古屋もそんな簡単に行けないため、タイミングを見計らっていたら、どんどん上映が少なって行ってしまったので、少しでもいい劇場という事でIMAXで観て来ました。

ネタバレあり感想
 個人的には生と死をモチーフにしているとか長回しがどうとか、あまりよくわかりませんが、面白かったです。

最初に

地球の上空60万メートル
温度は摂氏125度からマイナス100度の間で変動する
音を伝えるものは何もない 気圧もない 酸素もない
宇宙で生命は存続できない (パンフレット¥800より)

 という注意書きが出て来ましたが、よくアニメ等で宇宙の描写があるので正直何も感じませんでした。
 冒頭宇宙での作業は水の中を泳いでるようなものだと思いましたが、そこからの事故から宇宙は水の中と違って自分ではどうしようもできない様子に歯がゆさを感じました。
 ちなみに全体的に映像はきれいですが、特に主人公のライアンが飛ばされている時にバックに大量に星が見えるのが大変きれいでした。
そしてこの映画案外グロいという、事故の被害者にあったクルーが写るんですがデブリの被害にあったにクルーは頭を見事に貫通し、頭に空いた穴から地球が見えるという衝撃!そして船内に居た乗組員は凍っている(lll゚Д゚)ヒィィィィ
 最終的にはロシアのソユーズ、中国の神舟を乗り継いでライアンは地球に戻り、大地を踏みしめるという終わり方をします。
 サンドラ・ブロックさん演じるライアンも絶望の淵に立ちながらも生還するために頑張る姿は良かったですが、一番良かったのはジョージ・クルーニーさん演じるベテラン宇宙飛行士のマット!
宇宙の作業中は軽口を叩くほどの余裕!
 事故の際は経験のないライアンなどにアドバイスしながら、冷静に行動する姿はとてもステキでした!
 そしてライアンを助けるために犠牲になるシーンは宇宙空間であ―なるか?とは思いながら、宇宙遊泳の最長時間だとかライアンに必ず生きて帰るようエールを送ったり、実によかったです。
 ライアンが絶望した時にまさかの復活を遂げ、ライアンに前へ進むようアドバイスをかけるという男前!ただこの復活はライアンの幻想だったので実際はお亡くなりになってしまったようです。

 私は3Dについてはあまり効果を感じられませんが、それ抜きでも面白い映画だと思いました。

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]