忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

エンダーのゲーム 2D吹替

 1/30(木)にユナイテッドシネマ浦和でエンダーのゲームを観て来ました。



あらすじ
 強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となるエンダーだった。(Yahoo!映画より)

私としては近未来SFは好きなので、予告を見た時から楽しみにしたてました。

 
コミケにも行って来ました!

ネタバレあり感想
 特に地球外生命体の2度目の襲撃に備えてるなんてマクロスっぽいじゃ無いですか。ワクワクしながら上映を待っていたら、劇場に入ってきたのが10人以下ってのは寂しすぎます‥

で観終わった最初に思ったことは
ぬるい‥
 襲撃に備えて若手を育成するのはわかります。ただ主人公のエンダーを含む、若手の登場人物達がこれから戦いに行くって感じがしない程華奢!びっくりする程細い!
 他にもエンダーの凄さを出したいのもわかるけど、他の人物が無能過ぎて、えっ?!それですごいの?!な感じが続出!!

 そもそも大人が誰も戦わないで子供に任せようという魂胆からどうなの?と最終テストに見せかけてエンダーに相手の星を滅ぼさせるって‥責任ぐらい大人が持てよと
 エンダーの相手にを好きになるほど理解できてしまう特殊能力の見せ方が全くない!この能力から見出されるのに説明がないのは駄目!
 練習で対人戦を行っていたから、「スターシップ・トゥルーパーズ」みたいな歩兵戦でもあるかと思いきや、全部戦艦船そして砲撃一発バトル!オイ!

 ただ最大の問題はそれぞれに全く時間をかけないこと
・エンダーとはどんな人物なのか?
・バトルスクールの新入生の時の交友関係
・上級生に交じっての練習
・コマンドスクールでの訓練、最終テスト+真実
・最後の約束を果たすために旅に出る!

 何だか打合せ内容の羅列みたいになりましたが、要素がたくさんあるのにそれぞれがものすごいあっさりしている!
 せっかく兄と姉が居て、兄は優秀だけど暴力に走る傾向があるって、言ってるのに兄は出てきて、そのままフェードアウト!何かあるだろ!
 教官が「(エンダーがもし上に立っても、上官に逆らうような奴だから)敬礼しない!」と言ってたのに、その後すんなり敬礼することになりますが、間のシーンが無いので、なぜそうなった?感が半端ない。

 この作品の分量がどれぐらいかはわかりませんが、2~3部作にしてじっくりやって予告で出て来た専門用語説明して、それぞれ人物描写をしてくれないと面白くないと思いました。
 ただエンダーが予告では「戦いたくない」なんて言っておきながら、本編では殺る気満々なのは良かった!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]