忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

パシフィック・リム 3D字幕

7/28にレッドカーペットに行き、約2週間程度たちましたがついに公開されました。
8/9(金)に新宿ピカデリーで「パシフィック・リム」を観ました。

あらすじ
2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。(YAHOO!映画より)

私の勤めている会社は非常にホワイトなので半休を使用するのに強く止められることはありません。私はそんな会社でも辞めたいのですが…とりあえずくだらないながらも今日中に片付けなければならないことがあったため、半休を使用し、完了後に「パシフィック・リム」を観て来ました。

さすがに夏休みだけあって新宿ピカデリーは平日の15時だというのにとても混んでいました。


入場者プレゼントでポストカードを頂きました。
IMAXで鑑賞した場合は先着で本国ポスターをもらえたそうです。

ややネタバレあり
冒頭に(人型巨大兵器 JAEGER ドイツ語 狩人)と(KAIJU 日本語 怪獣)と説明があり、
エイリアン(KAIJU)は宇宙から来ると思っていたが、海底の異次元のひずみから出てきたと主人公の説明がありました。その際に海底から出てくる気泡がとても3Dに見えた気がしました。
この人型巨大兵器は1人で乗るには脳にかける負担が大きいため、2人で右脳、左脳に分かれて
操縦することになり、2人の意識を共有させる(ドライブ)ことが必要であることが説明されるんですが、ドライブとは操縦者の片方の記憶に溶け込むことらしいです。


米国製JAEGER 第三世代のジプシー・デンジャー 主人公機です。


豪州製JAEGER ストライカー・エウレカ 唯一の第五世代でライバル機です。


露製JAEGER チェルノ・アルファ 第一世代で6年KAIJUに侵入させたことがないそうです。


中国製JAEGER クリムゾン・タイフーン 必殺技は3本の手にあるのこぎりによる 
                                 「雷雲旋風拳」!!


日本製JAEGER コヨーテ・タンゴ 過去の機体でこの時は1人乗りです。


最初のKAIJU登場シーンは橋を壊すシーンや戦闘機を落とすシーン等は怪獣映画を思い出す感じがします。
JAEGERとの戦闘シーンは自分たちで考えて動くトランスフォーマーの戦闘シーンと違い、人が操縦している感じがありありと感じられました。近いのは戦隊もののロボットの戦闘シーンかと思いますがCG技術による見せ方や、カメラワークにより断然迫力があります。

登場人物についても主人公のローリーがアラスカ海で1人でも戦い続ける姿に(´;ω;`)ブワッ
菊地凛子さん演じる森マコがローリーをのぞき穴で見るシーンに( ・∀・) ニヤニヤしたり
芦田愛菜さんが演じる森マコの幼少時代のおびえている感じが良かったです。
途中で出てくるヘルボーイだいい感じに胡散臭いやつで、
あるシーンでヘルボーイ(゜д゜)ウヴォァー!となり
最後にヘルボーイ(゜д゜)ウヴォァー!でした。

JAEGERについてはジプシー・デンジャーとストライカー・エウレカはいい感じでした。
ジプシー・デンジャーのガリアンソードっぽいのが特に好きです。
ただほかの機体について(操縦者含む)の活躍が少なかったのが残念でした。

BGMについても主人公が活躍するときにメインテーマ(アレンジ含む)を流すとキタ━(゚∀゚)━!!って感じですし、偏見かもしれませんが中国と露のJAEGERが出て来た時にその国っぽい音楽が流れるのもよかったです。

今回観てて気になったのは動力源と異次元のひずみを壊すのに使用するものが核であることが
嫌悪感を起こさせるんではないかと…
怪獣映画の代表であるゴジラなんかは核実験の影響で誕生したとか、こういった映画では切っても切れない関係だと思うんですが、多分監督は核の危険性がわかってないとか不謹慎であるって文句言うのだろうな…

私的には今年度最高に面白かったのでバージョン違いであと何回か観ると思いますが、
最後にストライカー・エウレカに乗るのは父親で、べたですが親子の通信が観たかったです。

8/10の新宿ピカデリーの菊地凛子さん、芦田愛菜ちゃん、ケンドーコバヤシさんの舞台挨拶はロボット大好きな母親と行く予定でしたが、時間的にどうしても用事とかち合ってしまったので、母親と面識のある友人Aに代わりに行ってもらいたかったですがダメみたいだったので、
映画好きの友人Mに行ってもらうことにしましたがどうなるのか非常にメランコリ~♪って感じです。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]