忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ターミネーター:新起動/ジェニシス 2D字幕

 7/10(金)に「ターミネーター:新起動/ジェニシス」を観て来ました。



あらすじ
 2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。(Yahoo!映画より)

私的には3以外、あの酷評されている4も好きだったりします。あれはアクション映画としては悪くないし、トランスフォーマーチックだし、何よりジョン・コナーが格好いい!!

 そんな過去から続いているシリーズを今作では無かった事にしたのか?別ラインの世界に入ったことにしたのか?よくわかりませんでした。

ネタバレ感想あり
 未来での戦いの後、1作目同様カイルが過去に向かうもいきなりT-1000が出てきたりと話を変えつつもショッピングセンターでの行動は1作目とほぼ同じでちょっとびっくりしました。T-1000についてはあのすばらしい走りと指を振ってくれないと絶望感が無いなと思いました。
 そしてここから大きく話が変わっていくんですが、あそこでカイルが送られてきた方のT-800を倒せないもしくは頭をふっとばしたらどうするつもりだったんでしょうか?
 そして未来へ、敵もT-3000になってしまったジョン・コナーに変りますが、何故クリスチャン・ベールじゃないんだ!あの人が襲ってきたらもはや絶望しかないのに……
 T-800の年取った感じも良かったし、全体的にコメディタッチなのも良い感じなんですが、最後のスカイネット改めまさかのタイトルが敵の名前だったジェニシスが小物っぽいのとT-3000がT-1000より弱そうなのとT-800がグレードアップして、T-1000っぽくなってしまうのはちょっと残念でした。せっかくT-1000を溶かして倒した時は祝撃破と思っていたのに……
 ただ一番気に入らないのはエンディング、2ではT-800の腕が残ってしまっていたから、まだスカイネット作れたちゃうよ的な不穏なエンディングでどれもなんとなくそんな感じだった気がしましたが、今作ではがっつりジェニシスは残っているし、T-3000?を復活させようとしているシーンががっつりあるので、あまりいい感じのエンディングだとは思いませんでした。

 ただ次作があるならもちろん観に行くカモネギの悲しい性を感じました

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]