忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

コードギアス 亡国のアキトー第4章‐憎しみの記憶から スタッフトークショー付上映会

 7/9(金)にバルト9で開催された「コードギアス 亡国のアキト-第4章 憎しみの記憶から」スタッフナイトトークショーを観て来ました。



あらすじ 
 ユーロピア共和国連合の特殊部隊“wZERO”のパイロットである日向アキトらは、「方舟の船団」によるテロが敵であるユーロ・ブリタニアの計略だと気付く。アキトたちはユーロ・ブリタニアの本拠・大型飛行艇ガリア・グランデを攻撃、激しい戦闘を繰り広げる。そんな中、司令官レイラ・マルカルがいるwZERO部隊の拠点・ヴァイスボルフ城をユーロ・ブリタニアが襲撃。さらに首都パリでは、ジィーン・スマイラス将軍によるクーデターが決起され……。(Yahoo!映画より)

 4章のイベント上映ではスタッフトークショーと生コメンタリー上映があったのですが、仕事でちょっと遠出したら間に合わなくなり、せっかくコメンタリー上映のチケットも購入していたのに観ることが出来ませんでした(゚д゚lll)

 今回登壇されたのは赤根和樹監督、キャラクターデザインの木村貴宏さん、総作画監督の島村秀一さん、3DCGアニメーションディレクターの井野元英二さんでした。
 今回のトークショーも色々分かって楽しかったです。何となく井野元さんのしゃべり方がゆっくり丁寧に話されていたので、カメラマン的な雰囲気がありました。
 戦闘シーンについて、洋画のオマージュがあったそうですが、ヴェルキンゲトリクスのスピンコックはやっぱりデデンデンデンが元だそうで、新作の公開期間がまさか被るとは思わなかったそうです。また飛行船の中の戦闘シーンについてはジャングルジムと読んでらっしゃいました。
 木村さんの思い出深いシーンではシンとアキトの母親が出てくるシーンでオッパイを放り出している女を見せているシーン(笑)が印象的な話から、シンが最も愛しているのは母親であるという話になり、私的にはマジかよΣ (゚Д゚;)と思い、どんだけ拗ねらせたんだよと感じました。
 最後のお姫様抱っこはどうもプロデューサーと一悶着あったみたいですが、幸せなお姫様抱っこで良かったのとセルとCGの融合が出来て良かったという良い話でした。
 また入場者特典でのシンが持っているスルメイカについては、好きなものを赤根監督に聞いたところこの回答だったようですが、これは監督の好きなものではないのかと思ったのと、スルメイカにストイックなイメージがあるとは思いませんでした。
 最後の挨拶で次章のキービジュアルでレイラの太ももに目が行きがちですが、レイラが何故アキトのおさげを持っているのかという話をされていて、次章がとても気になりました。

入場者特典の複製原画です。また悪い顔を

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]