忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

マジック・ドルフィン

 3/13(金)に「マジック・ドルフィン」を観て来ました。



あらすじ
 ある日、実物と映像をシンクロさせる映像手法、プロジェクションマッピングを使用したナイトショーが計画される。ショーのクライマックスでは1頭のイルカが、ウォータースクリーンに向けて高くジャンプするという案が出される。そのビッグイベントに向け、イルカはトレーナーたちと共に、日々ジャンプの訓練を積み重ねていくが……。

 私は何故この作品を観に行ったんだろうか?明らかに幼稚園~小学生低学年ぐらいが対象なのに……
 最初のこども映画館シリーズの解説とシロイルカのマリンを聞くために行ったのは間違いないんですが、居た堪れなかったです。

写真のイルカと本作に出て来るイルカは別物です。

今までの中で一番幼い感じがしました。

 話の内容はジャンプの不得意なハンドウイルカのエースが水族館の仲間に支えられ、不得意を克服し、最後に大役を任せられるという成長物語と夢を簡単にあきらめないでというメッセージのこもった作品だったかと思います。

 ただ私大人なんで、イルカとかに勝手にセリフ言わせてるとか(顔の部分が隠れているところに「実は泣いてました」なんてセリフには笑ってしまいました。)、途中で出て来るイルカにカメラを取り付けた映像を出してきますが、一部人間が撮ったろ!的なシーンがあるなとか実に不純な思いを持ってみてしまいました(´A`)。特に同じハンドウイルカの名前が"カイトパイセン"だったのは先輩の別の言い方を子供がわかるか?なんて思いました。

 しかし考えてみれば、途中でクイズを入れてみたり、イルカのショーをちょくちょく挟んだりと子供を飽きさせないようにしている気がしました。
 しかも私のような大人でもカマイルカのジャンプ力は6Mだとか、注射は尾にするとか、イルカでも淡水を飲まなければならないとか興味深い話もあったりしました。

出て来るイルカは上のシロイルカや

主人公エースであるハンドウイルカ


ジャンプの得意なカマイルカのキングやペンギン、マンボウ、イワシ、アシカ等水族館勢ぞろいな感じでした。

 この映画ではシンデレラガールズの方が主役だったり、あの人ミリオンライブの方だし、そこら辺を狙ってたんでしょうか?
 また今作は他にどうやってみるんでしょうか?

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]