忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ほんとにあった!呪いのビデオ55

 ブログの記事が11/23(土)から全く進んでませんが、これで最後です。この日 は朝から秋葉原→田町→有楽町ときて、最後に渋谷のユーロスペースで「ほんとにあった!いのビデオ55を観て来ました。


あらすじ
 一般投稿による戦慄(せんりつ)映像を集めた人気心霊ホラードキュメンタリー『ほんとにあった!呪いのビデオ』シリーズ55作目となる劇場版。ある男性投稿者が夜空を撮影していると画面の奥に不気味な女が現れては消えるという「タイムラプス」をはじめ、八つの恐怖映像を紹介。演出はシリーズ42から担当している岩澤宏樹。思わず背筋に寒気が走るようなエピソードの数々に身も凍る。(Yahoo!映画より)  

 以前こんな記事 を上げる程度の「ほんとにあった!いのビデオ」シリーズのファンでして、夏過ぎから新作が無いなぁと思っていたら、まさかの劇場公開作品でした。
 ちなみにパンフレットは無いのに、なぜかiPhone5用のカバーが限定9個で販売されるという不思議な状態

 私は買ってしまいました(笑) ちなみに前売り券まで購入してました。一部では岩澤さんが幼女を誘拐しようとしている図にしか見えないというビジュアルです。
 劇場は140名程度入る劇場で1/3以上1/2程度って感じでした。どれだけのファンが渋谷のレイトショーに向かったのか‥

 では早速ネタバレ込みの感想ですが、一応一般の視聴者が恐怖映像を投稿してくる体という事なので関連性のない8編の映像が流されるかと思いきや、まさかのすべて繋がっているという衝撃Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 ある人物が過去の事故で霊能力に目覚め、それがたまたま行った廃墟の怨霊と干渉しあい、自身の事故を誹謗中傷した人物にいをかけていたという中々衝撃的シナリオでした工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 呪いをかけられた人たちが投稿してきたのが今回の映像集であり、すべての映像に同じ女が写っています。
 ちなみに2ちゃんの個人情報流出を組み込んでくるあたり流行には敏感な作りです(`・ω・´) bビシッ!!

 さて一番びっくりしたのはなんと私の知っているところが今回現場として出てくるのです。
 最初の「銅像」という話で出てくるのが川口駅の西口から出てすぐの所の広場です。まさかあそこの銅像が心霊スポットだとは思っていなかったので、ちょっとわくわくしましたが、最終的には場所には何の因果関係も無いので少し残念でした。いずれ聖地巡礼としゃれ込みたいところです。
 今回の話ではある人物を追っかけってスタッフの方々が走るというアクションあり、電車のドアに遮られ、逃げられるというドラマチックなラストを迎えるあたり、何かいつもと違う感じがビンビンです。
 最後に女の怨霊の見たら死ぬ映像が流れるので、私が死んだらそれが原因ですwww
 正直映画館で観るようなものかと質問されたら何とも言えませんが、こんな劇場体験もいいんではないでしょうか?
 iPhoneケースですが、上映終了後にも2個残ってました‥

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]