忍者ブログ

時間がない

ミーハーな管理人の映画やイベント、マクロスFなんかのお粗末な文章です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

映画「サカサマのパテマ」公開記念 「吉浦康裕X小林治 サカサマのヨル」/特別トークショー

 11/25(月)と11/27(水)に趣の違う2つのトークショーを聞いてきました。


 まずは阿佐ヶ谷ロフトAで開催された映画「サカサマのパテマ」公開記念 「吉浦康裕X小林治 サカサマのヨル」についてです。
 会社帰りに向かったところ、会場はほぼ満員でした。今回のイベントのために「パテマ」、「エージ」というカクテルがあり、それと「イブレンド」のコーヒーがありました。私は「パテマ」を飲みましたが、牛乳と青いピーチリキュール?のカクテルで上が白くて、下の方が青いので、見た目がパテマの世界観っぽいものです


 こちらのイベントは吉浦監督とライターの小林さんが壇上でお酒や食事をしながら、アットホームな雰囲気で「サカサマのパテマ」について語られていました。
 最初は“サカサマ”について製作スタッフに理解してもらうのに苦労したそうですが、作業が進むにつれ理解していき、それが話の進行とリンクして、いい感じに仕上がったそうです。
 他にも名前の由来がパテマ以外は筒井康隆さんの小説からとられており、パテマだけは福岡で制作された自主制作アニメのタイトルからとったという話なんかもありました。
 休憩の後はパテマ役の藤井ゆきよさんが登壇され、既に「パテマ」、「エージ」を飲まれており、さらに「パテマ」を注文されてました 。これにはすでに酔いかけの私はビックリしました。また藤井さんの一言で会場に客として参加していたポルタ役の大畑伸太郎さんが登壇されました。
 藤井さんは3回もオーディションを行い、吉浦監督との読み合わせ時に役に入り込んで泣いたところ、吉浦監督がもらい泣きをしたところを見て、これはイケルと思ったそうです。この娘したたかですよみたいな反応に「(パテマ)2倍生きてますから」にはさすがだと思いました。
大畑さんが入ってからはさらにトークも愉快な感じになり、吉浦監督との廃墟話など大変盛り上がってました。
 サカサマのパテマのBD特典はこうしたいや、最後の日記帳は英語で記載されていて、翻訳すると面白いことがあるなどの裏話もあり、最後にはサイン入り色紙の抽選があり、終了しました。

 11/27(水)は角川シネマ新宿では吉浦監督とライターの氷川竜介さんのトークショーがありました。こちらに関しては非常にためになる感じがしました。
 中国でのシンポジウムで吉浦監督の前作「イブの時間」を観せた時の反応や劇中でエージが体が軽くなった時に描く放物線について、背景のチンダル現象とか正直会社帰りの私には少々厳しい話題がありました。
 司会の方が今後も「サカサマのパテマ」でイベントがあると予告されて終わりました。

 現在12/8(日)に吉浦監督のサイン会が角川シネマ新宿で行われる予定だそうですから、参加されてはどうでしょうか?

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
ユタカ
性別:
男性

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

最新コメント

[11/26 I]
[09/19 みみ]
[08/03 apo]
[01/14 apo]
[12/07 name]